« 復刻 首藤剛志先生インタビュー 2 | トップページ | 久々に乗りました。 »

2006年5月25日 (木)

失われた記憶

セル画の話をもう少々・・。魔法のプリンセスミンキーモモ(空)放映当時、モモの彩色絵具は、東映動画で主に使われている「スタック」絵具が使われておりました。モモ終了後、葦プロのメイン使用絵具が「太陽色彩」に変わった為、TV放映された時期のセルとその後のモモは、色がちょっと違います。スタック⇔太陽色彩の換算色指定なんていうのも作られましたが、(外注仕上げ向け?)微妙に違うんですよね。ですから、TV放映後の所謂「おこしセル」は大抵、本編と色味が違っております。その後の「夢の中の輪舞」は太陽色彩絵具で作られていますが。
個人的な印象では、発色が良いが、なんとなく粉っぽくて塗りにくいスタック。なんとなくボヤっとした色合いだが、なぜか塗りやすい太陽色彩って感じでしたか・・最大手、東映動画とお付き合いする為に、スタックも揃えておりましたが、太陽色彩系の仕事の方がやりやすかったなぁ・・
そうそう、葦プロFCを辞めた後、再び葦プロから直に仕事を受けるようになったのが、「魔法のプリンセスミンキーモモ 夢の中の輪舞」です。制作の山場の時期に、制作デスクに頼まれて、撒けない仕上げとリテイク直しを手伝いました。その後、ダンクーガとか、再び深いお付き合いになっていく訳です。画像は、左側TVモモの色指定 永江由利さん直筆の原紙。右側は、私が実際使ってた 「夢の中の輪舞」 の色指定表。 あのアニメカラーの匂いつーのも懐かしい。つかもう嗅げない匂いだよね111_1167111_1166

|

« 復刻 首藤剛志先生インタビュー 2 | トップページ | 久々に乗りました。 »

コメント

なんかうっかり、書いちゃいけないこと
書いちゃいそうでコワイ今日この頃。

投稿: いまい | 2006年5月25日 (木) 13時14分

書いちゃまずいようなローバー系の裏話もうっかり書いちゃってください。
たぶん、皆さんも期待してますよ(笑)

投稿: Toshi | 2006年5月25日 (木) 14時38分

>スタック⇔太陽色彩
 そうだったんですか。
 確かに、なんとなく色味がちがうなあとは思っていたんですよ。
 でも原画のせいか、フィルムのせい(TV16mm、輪舞32mm)か、一般のファンから見ると、TVの方がぼやっとしてて、輪舞の方が発色がいい様に感じてしまいます。

 スタックの粉っぽさが「ザ・イン」の画風にマッチして、担当回の絵柄が、みんだ☆なお氏をして「泥絵具で描いた様」と言わしめた原因ではないでしょうか。(←嘘)

 取り敢えず、「うっかり」に大期待。(^o^)

投稿: 桃杖海姫 | 2006年5月25日 (木) 15時42分

自分的にOKでも、世間的にOUTつーのは、書いてUPしてみないとわかりませんからね・・(笑)
アニメネタつか葦プロ系は、だいたい読んでいる人を想定して書いてますから(笑)だいたい加減できますが。ローバー系は誰が見ているかわからんのでコワイです(爆)

スタックVS太陽色彩ってそんなイメージがあるのですがね
記憶違いか??ザ・インの作風=本来のモモ?
つか、カービィでしたっけ?ザ・インで作ってましたよね。エンディングテロップ見てビックリした記憶があります。

ただ、輪舞の色使いはキレイでしたよ。モモのピンクも蛍光ピンク
みたいな感じで。


投稿: いまい | 2006年5月25日 (木) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71448/1932125

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた記憶:

« 復刻 首藤剛志先生インタビュー 2 | トップページ | 久々に乗りました。 »