« 先日の911 | トップページ | 久々に・・ »

2006年7月11日 (火)

……内容は今のところ秘密……。

ちょっと前のネタですが・・先日の首藤剛志氏のブログにて、西荻窪で打ち合わせ・・の件があったので、すかさず「西荻窪で打ち合わせっていうだけで 期待してしまいますが(笑)」と言うコメントを入れました。すると・・
いまいさんへ……残念ながら、皆さんが期待しているだろう作品とは、違うと思いますが、僕がやるとなれば、みなさんが、びっくりするだろうジャンルの作品だとは思います。 皆さんが期待している作品の方も、実現化にすこしずつすすんでいるようです。……首藤剛志
とこんなレスをいただきました。やるのかなぁ??周囲はなんか盛り上がってますけどね。

因みに、ワタシ的には、無理してやらなくていいです(笑)なんか別の新作でお願いします。「みなさんが、びっくりするだろうジャンルの作品」の方が期待大です。
ちゅうか、塩沢さんがいないのは痛いが、ゴーとかバルを作り直すつーのはどうよ??

モモネタついでに、連盟本からのインタビュー記事を抜粋(他所のサークルの記事なので掻い摘んで・・)
金春智子さんのインタビューというかコメント。
11話「恋の美容師よ子猫ちゃん」
金春「首藤さんより好きな話を書いて良いといわれ、自分の好きなロンドンを舞台に、猫の話を考えました。ただし猫たちが大集合するところは、演出の方が付け加えた部分ですけど。
次に24話「さすらいのユニコーン」
金春「絶望的な孤独の状態にいる何かを救ってやる話」という漠然としたイメージから膨らませたお話です。あれは、だいたいのストーリーを考えた後で、ハヤカワのファンタジー文庫に「最後のユニコーン」という本があったことを思い出して、同じような話だったらどうしようと、慌てて立ち読みに行ったら、全然違っていてホッとしたりして。この作品も幻想的なシーン等、演出や作画の方が頑張ってくれました。
36話「大いなる遺産」は?
はっきり言って、今のところ自分の書いたモモの中で、一番気に入っている作品です。なぜか私は、老人と子供の取り合わせが好きで・・マイアニメに載っていた「最初のシノプシスは、オスカーワイルドの作品に似ていた。」というのは、取材した人の勘違いで、最初のシノプシス通りです。それから、首藤さんがアニメ界のオスカーワイルド・・云々も勝手に書かれてしまった事で、全然言ってません。
最後に40話「夢の戦士」
最初はヒロイックファンタジー的なモノを書こうかなと思って考え始めて、なぜかああいう話になってしまいました。モモの作品全体についても、好きな話を書いて良いというのは楽しいですね。キャラクターも好きだし。

このインタビュー記事は、当時、首藤氏芦田氏も絶賛していた、みんだなお氏率いる「激走グルメポッポ」が連盟本に寄稿した。「ミンキーファイト」よりホットライン 金春智子 (大阪-東京国際電話)として掲載された物です。いろんな場所で、語られているモモですが、各話の担当脚本家のコメントって少ないですからね(さすが、目の付け所が違います。)

上記内容の転載に当り、問題があるようでしたら、即座に削除しますので、よろしくお願いします。

|

« 先日の911 | トップページ | 久々に・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71448/2607897

この記事へのトラックバック一覧です: ……内容は今のところ秘密……。:

« 先日の911 | トップページ | 久々に・・ »